スタッフインタビュー ブログ

スタッフインタビュー(デザイン・コーディング担当R・Sさん)「自分の感性を信じた提案に挑戦してみたい」

2019年12月25日

新卒から全国に展開する大手小売業で総合職として働いていたSさん。現在はデザイナー兼コーダーとして活躍されています。

自分のペースを大事にできる仕事を探していた

転職というよりむしろ大きくキャリアチェンジされたのですが、どういう経緯だったのかお伺いしてもいいですか?

新卒から本当に働きづめで家に帰っても寝るだけ、という生活が続いていました。小売業だったので、たとえばお正月も店舗や会社で「あけましておめでとうございます」と挨拶するのが当たり前でした。

もちろん充実していましたが、自分の人生を考えたときに、もう少し自分のペースを大事にできる仕事を、ということで昔から好きだったWebデザインの世界に挑戦することに決めました。

自分と違う背景をもっている人のほうが面白いと思うようになった

実際にフロンティアゲートのサイトを見てどう思われましたか?

育児中の女性を応援している会社というのが伝わってきて、とてもいいイメージでした。多様性のある働き方を推進しているんだなーと。

ただ私自身はこどもがいないので、コミュニティ・仲間としてついてけるか、話が合うかなと心配だったり。

あとちょっと失礼かもしれませんが、お子さまの体調とかで急にお休みされるときに、そのフォローとして休日出勤とか夜遅くまでの残業が結構あるのかなどと少し心配していましたが、結果的には心配無用でした。

ほぼ同時期に入社した方もおもしろくて、スタッフの年代も様々で、いまは自分と違う背景をもっている人の方が面白いなと思っています。

「女性」と言っても千差万別。リアルな感性を活かしたい。

フロンティアゲートは女性の感性を活かす提案、というテーマですが、それについてどう思われますか?

前職で全国展開している大手小売業で店長業務や店舗開発などに常に女性目線で仕事してきたつもりです。

主婦、働いている人、子持ちと考え方やライフスタイルも違いますし、たとえば1,000円をどんな感覚で使えるのか人によって違います。「節約」といってもお金の節約と時間の節約は違います。

フロンティアゲートでは女性に任せてもらえるので、そういった自分の感性を信じた提案に挑戦してみたいと思っています。

小売業は季節催事などある意味「わかりやすいパターン」がたくさんあるので、そういった「消費者側」の感覚を知っているということも強みにしていきたいです。

違うスキルを持っている人と一緒に仕事ができて楽しかった

入社してすぐに活躍されていますが、印象に残っている仕事はありますか?

Web開発は初めてだったけど、これまでの経験値を自分なりに活かすことができてほっとしたことを覚えています。チーム開発だったので、それぞれ違うスキルを持っている人と一緒に仕事ができて楽しかったです。

あるLP制作の案件では、お客様のところへ実際に訪問できたので「どこを向いて仕事をすべきなのか」をしっかりと把握できました。ヒアリングーワイヤーフレームーデザインーコーディングまで全部自分でできたのでうれしかったです。

制作した後もサポートし続けたい

これからどんな仕事をやってみたい、とかありますか?

まずは会社として推している「女性向けの商品・サービス」「女性の採用」というところで感性を活かしたいです。

あとは、制作したあとも作りっぱなしではなくて、サイトを更新してよりよい成果が出せるようにサポートしたいですね。見た目・ボタンの配置などでどんな変化があるのか検証してたりして、お客様に期待以上の結果を残せたらうれしいです。

 

-スタッフインタビュー, ブログ

CONTACT US

お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us

  • 01

    お問い合わせ・ご相談

    お見積もり依頼やご相談をされたい場合にはお問い合わせフォームをご活用ください。お問い合わせ後1営業日以内に返信します。

  • 02

    会社案内ダウンロード

    社内で検討されたい方の為に実績などをまとめた会社案内をPDFでご用意しています。ご自由にダウンロードください。

  • 03

    採用

    一緒に働いていただける方を募集しています。働くママはもちろん外国人、初心者の方もお気軽にお問い合わせください。

Copyright© 株式会社フロンティアゲート , 2020 All Rights Reserved.