社長の手紙

社長の手紙

困ったときほど正直に

ある先輩経営者の方が「銀行に相談するとき大事なのはごまかさないで正直であること」とおっしゃっていました。 じつは弊社も直近の決算では、これまで積み重ねきたルーズな部分が一気に吹き出てきた、そんな恥ずかしいものになりました。お金と時間の使い方に真剣さが足りない!と神様に叱られた感じです。 意を決して取引銀行さんに相談。すべての数字を公開して、どのように決算を締めたほうがいいのかアドバイスをしていただきました。担当さんが目の前で親身に弊社の今後を考えていただいている姿をみて、自分の至らなさを痛感しましたし、今 ...

社長の手紙

社長の通信簿

コロナウイルスで世間が混乱しています。リーマンショック級とか東日本大震災以上だとかいう声も聞きます。みなさまへの影響もあるかと思いますが、なるべく早く普段に戻ることを祈るばかりです。 先日あるお客さまがこんなことを発信されていました。「こういうときに社長がどういう表情をしたり態度をとったりしているかをスタッフはよく見ている。こういうときこそ試されてますよ。」 そうか、そういうことか、と妙に腑に落ちました。たとえばこれが子育てだとして、家族にトラブルがあったときに、やっぱり父親としては不安だったとしても、子 ...

ブログ 社長の手紙

「ホームページを作る前」と「作った後」を大事にする

ある経営者の方から教えていただいた言葉があります。それは「No.1になるには、お客様に喜ばれて競合に嫌われることを徹底する」という言葉です。 これはかなりインパクトを受けたと同時に、すごくスーーと受け入れることができました、もちろんすぐに社内に共有しました。 そして「お客様に喜ばれて競合に嫌われること」ってなんだろう、と考えた結果一つのテーマを持つことになりました。それが「「ホームページを作る前」と「作った後」を大事にしよう」というものです。 正直「ホームページそのもの」は、どんどん技術も進化しますし、こ ...

ブログ 社長の手紙

生き残るために安全地帯を出る

令和、オリンピックと、ここ数年新年を迎える世間の雰囲気は盛り上がり続きです。もちろん暗いより明るいほうがいいのですが、一方でぼくはここ数年で一番危機感が強い新年となっています。 適切な表現ではないかもしれませんが、これまでぼくは「安全地帯」で仕事をしていたのかもしれません。お客さまのご要望をお伺いし、少しずつ人を増やし、できることを少しずつ増やしていく、そんなイメージです。 もちろん今でもそれが間違いだとは決して思っていませんし、できることならそのペースを維持したい、というのが本音ですが、インターネット業 ...

ブログ 社長の手紙

「情報を届けるルート」をもつ大事さ

今年はインターネット業界では大きな変化があった年でした。それは「情報を届けるルート」をもつところが強くなっているということです。 例えば大手メーカーがどんなにいい商品をつくったとしてもそれだけでは売れません。いわゆるブロガーやSNSで人気のインフルエンサーに紹介してもらってはじめて、潜在顧客にアプローチできます。 その力関係が大きく変わったのが2019年でした。これまでは、比較的広告主の方が強かったです。お金を出してるほうが強い、という一般的な構図です。ただ2019年は明らかにブロガーやインフルエンサーの ...

ブログ 社長の手紙

危機感と高揚感

最近Webデザインを簡単にきれいにつくれるサービスが続々と出てきています。これまでもありましたが、いろいろ使い勝手が悪かったり、ソースコードがめちゃくちゃでSEOが弱い(検索されても表示されにくい)など不都合があり、結局広まることはありませんでした。ただ最近出てきたサービスは本当によくできています。そしてついに、グーグルがWebデザインをつくるサービスをはじめました。グーグルがはじめたサービスなのに検索が弱い、ということはないと思います。 さてそうなってくるとWebデザイン事業はもはやなくなるのでしょうか ...

ブログ 社長の手紙

オーケストラ経営

あるお客さまに「オーケストラ経営」という言葉を教えていただいたのですが、全身に電流が走ったかのような感覚を受けました。まさにぼくが考えてた内容をわかりやすく表現された言葉だったからです。 演奏家にはオーケストラに所属している人とソリストとして一人で活躍している人がいます。もちろんどちらがいいとか悪いとかありませんが、弊社ではソリストの集団ではなく、一人一人は有名じゃなくてもオーケストラのようにみんなで一つの音を作りたいと思います。そしてベルリンフィルのように、個人の名演奏家ではなくオーケストラ全体として評 ...

ブログ 社長の手紙

全国大会を目指す

先日ある若手経営者の方が「どの山に登るのか決めてからいろんなことがうまく回り始めた」とおっしゃっていました。もちろん事業の方向性としての山です。ちなみにその方は「「優秀な相棒が思い切り挑戦できるくらいの大きな山」、かつ「自分たちが一番になれる山」を探した。」そうです。 もちろんどの山を選ぶかに正解はありません。ただ「この会社はどの山に登ろうとしているか」ということを明確にするのはとても大事なことだと感じました。 大きな山に登るのであれば、それだけ準備にも時間がかかりますし、そもそも時間は限られているので、 ...

ブログ 社長の手紙

銀行が見る「不安に感じる会社」

ある懇親会で、都市銀行の担当の方と席が隣になりました。そこで「銀行の方からみて不安に感じる会社はどういう会社ですか?」と質問してみました。 まず言われたのが「カリスマすぎる経営者」。そして「「全部任せてるから」と現場のことを聞いてもほとんど会話にならない経営者」「トップが倒れた時に次にリーダーになるであろう人が、周りから応援してもらえそうにない会社」「暗い会社」「整理整頓ができない会社」「カレンダーが古い日付のままの会社」と続きました。 ぼくが感じたのは「できるところから「やらないように」しよう」というこ ...

CONTACT US

お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us

  • 01

    お問い合わせ・ご相談

    お見積もり依頼やご相談をされたい場合にはお問い合わせフォームをご活用ください。お問い合わせ後1営業日以内に返信します。

  • 02

    会社案内ダウンロード

    社内で検討されたい方の為に実績などをまとめた会社案内をPDFでご用意しています。ご自由にダウンロードください。

  • 03

    採用

    一緒に働いていただける方を募集しています。働くママはもちろん外国人、初心者の方もお気軽にお問い合わせください。

Copyright© 株式会社フロンティアゲート , 2020 All Rights Reserved.